世田谷区 解体工事

世田谷区で1番安くて、安心できる業者をお探しでしたら一度ご相談下さい!

カイテキ解体では世田谷区で安心して頼める、一番安い業者を目指しています。

キッチンやトイレなどの部分的な解体工事から店舗やオフィスのスケルトン解体、建て替えや不動産売買の際の家の解体までを行っています。

当社ではなぜ安く出来るの?と良く聞かれますが、悪徳業者のように不法投棄や雑な仕事をしているからではありません。

以下の内容を見てもらえれば当社が多くのご依頼を頂いている理由がわかるかと思います。

当社が世田谷区で選ばれる理由とは?

  • 資材置き場が東京都国立市や埼玉県所沢市にある
  • 当社資材置き場周辺には安い処分場が多い
  • 世田谷区に行くのに練馬インターや高井戸インターなどが近い

1、資材置き場が所沢市と国立市にある

資材置き場

資材置き場が遠くにあるとその分、経費がかかって世田谷区が地元の解体業者さんよりも高く思えるかもしれませんが、そんなことはありません!勿論東北などの方が土地が安いですが、そこまでは遠すぎるのはお分かりになるかともいます。所沢市や国立市は世田谷区に比べると何倍も安く土地を買えます。その分の費用を世田谷区のお客様に還元できるのが一つ目のメリットなんです。

2、安い処分場が多い

安い!

世田谷区周辺の産業廃棄物の処分場を使用した場合には処分費用が高い所が多いです。先ほどの話で都心にも多くの処理場がありますが、土地代や人件費の関係で高くなってしまうのは当然です。当社の事務所がある所沢市周辺には処分場が多数あり、処分費用も安いです。世田谷区からの移動の経費を考えても都心部を離れた方が断然安く済みます。

3、インターから近い

インター近い

 

世田谷区まで一見遠いように見えますが、当社の国立市事務所から世田谷区まで約35分、所沢市の事務所から世田谷区まで約60分です。この時間だけを見て頂ければそんなに遠い距離ではないかと思います。お客様が会って相談したい!そんな場合もすぐにお伺いいたします。

どんな解体がご希望ですか?

家の解体工事ご希望は?
テナント 店舗 オフィスの解体工事部分解体工事

世田谷区の助成金制度

助成金がある⁉

世田谷区の一部の地域では火災の際の延焼等を防ぐ目的として「不燃化特区助成制度」が受けられる場合があります。

世田谷総合支所街づくり課
03-5432-2871
  • 池尻4-24~39番
  • 太子堂2~3丁目全域
  • 三宿1~2丁目全域
  • 太子堂4~5丁目全域
  • 若林1丁目全域・2丁目1~36番・3~5丁目全域
  • 世田谷3丁目20~26番
  • 世田谷4丁目全域
  • 宮坂2丁目1番の一部、2~9番、26~27番
  • 若林3~5丁目
北沢総合支所街づくり課
03-5478-8074
  • 池尻4丁目33~39番
  • 赤堤1丁目1~5番、2丁目1~6番
  • 梅丘2~3丁目全域
  • 豪徳寺1丁目全域、2丁目2~10番、25~31番
  • 松原6丁目42~43番
  • 北沢3~5丁目全域
  • 大原1丁目全域

上記の地域で下記の条件を満たす場合に助成金が出ます。

助成金の条件とは?

解体工事で除去する場合
  • 木造または軽量鉄骨の家
  • 耐用年数が3分の2経過している
  • 敷地分割を伴わないもの
  • 耐火または準耐火建築物ではないもの

耐久年数の2/3以上とは? 【木造】15年 【軽量鉄骨】23年以上

耐火建築物等の判定においては、建築当時の建築基準法により耐火建築物または準耐火建築物の性能が求められた建築物または準防火地域の地階を除く階数が3である建築物は耐火建築物又は準耐火建築物とみなします。

受けられる助成金の額は?

世田谷区では除去にかかった費用の「実工事費」または「限度額27,000円/㎡」のどちらか少ない方が助成金として支給されます。

  • 老朽建築物及びそれに附属する工作物の除去解体工事費及び除去後の敷地の整地費を助成されます。
    ただし、除去する延べ床面積1㎡あたり27,000円を上限として千円未満は切り捨てです。
  • 法人の助成金交付額は消費税相当額を控除した金額になります。

固定資産税・都市計画税の減免について

不燃化特区指定日以降2020年12月31日までに老朽住宅の除去をすると下記減免が受けられます。

老朽建築物を解体して更地にした場合には土地に対する固定資産税と都市計画税について最長5年間、住宅の敷地並みに減税されます。(8割減免)
※不燃化特区の女性は浮けずに、税の減免を受ける場合には解体工事前に老朽建築物の認定申請が必要になります。
※解体後の更地が適正に管理されていること、また収益事業を行っていないことが要件となります。

減免のご相談はこちら
世田谷都税事務所固定資産税班 TEL:03-3413-7117

世田谷区の色々な事例

お問い合わせ